安藤 松本さんは2009年(平成21年)に代表取締役社長に就任されたとのことですが、新たに取り組んでいることを教えてください。

松本 女性にアンケートをとると9割の方が機会があれば着物を着たいと思っているとの回答があります。たちばなでは、着物の着方が分からない、保管が大変、などの要因や、着物を持っていないなど、着る機会を逸しているだけではないか、さらに着る機会がない中で着る機会の創出も必要であると考え、数年前より着物のレンタル事業を始めました。2010年(平成22年)から始まった「着物レンタル1万円」を機軸とした長野県内のテレビCMで火がつき、当時100件ほどしかなかった着物レンタルが、初年度で1000件、翌年は1700件までの事業として拡大しました。2013年(平成25年)7月には、もっと多くの方に気軽で簡単に着物がレンタルできるように、『着物365』という新たなブランドを立ち上げ、そして、全国へ向けてネットレンタルサイト『着物レンタル365』を開始しました。

安藤 『着物365』とはどういう意味なんでしょう。

松本 私達は、着物はけっして特別なものではない、と考えています。着物は、昔から日本の文化をつくり、日本人の生活とともにありました。卒業式や成人式などのとても特別な日だけでなくてもいい、ひさしぶりの友人と会うとき、ちょっと気分を変えたデートのとき、家族が集まる日にも、365日、誰かの「ハレの日」があります。着る人の数だけ、「ハレの日」があり、着る理由があり、着る楽しみがあっていい、と。365日、今日もどこかで「ハレの日」を祝う人を、たちばなは着物で応援したいという想いで、『着物365』としました。

安藤 365日、誰かの「ハレの日」を応援しているのですね。その1つのレンタル事業である『着物レンタル365』の特徴を教えてください。

松本 お客様の「ハレの日」を彩る着物ですから、大切な場に相応しい、上質な正絹の着物を1000点以上ご用意しました。特徴としては、30分以内で簡単に着物を決められるように、着用日で検索できるようにしました。帯・小物はプロがスタイリングし、画面で見たままのコーディネイトが届くことも選ぶ上では安心ではないでしょうか。サイズ展開も豊富で6サイズのご用意があること、そして実際に手にとって確認いただける下見サービスも行っております。

安藤 使う方の利便性が考慮されているのは嬉しいですね。着物初心者でも使いやすそうです。お手入れのサイトも同時にオープンされたとか。

松本 『着物お手入れ365』というネットでのお手入れのサイトも立ち上げました。呉服屋の倒産や廃業が相次ぐ中、着物に関しての相談やお困りごとを抱えているお客様も多いのです。呉服屋としても、着物を長く大事に着て欲しいという想いがあります。そこで、着物のクリーニング、染み抜き、仕立て、リメイクなど、着物のお困りごと・相談・依頼に職人が対応します。往復送料完全無料の見積もりサービスが特徴です。

安藤 長野県を中心に着物のファンを作ってきたたちばなさんが、新たに『着物レンタル365』『着物お手入れ365』という2つの柱で、全国へ発信していきます。最後に、今後の展望についてお聞かせください。

松本 呉服市場の疲弊とともに、着物の産地や職人さんも厳しい状況に立たされているのが現状です。呉服の文化を、日本の伝統産業を次世代につなげていくためにも、たちばなは全国というマーケットを相手にしていきます。まずは『着物レンタル365』『着物お手入れ365』を通して、全国へ発信。その後、現在は長野、新潟、山形県のみで展開している『たちばな』の実店舗やフォトスタジオ『シャレニー』も東京を始め、新エリアへの進出も行っていきたいと考えております。さらに『着物レンタル365』は美容院などの異業種と手を組み日本一の着物レンタルサイトを育てていくとともに、『着物365』ブランドの次の展開として、様々な形を考えています。1つは世界に向けた様々な展開です。2020年、オリンピックも日本で開催されることも決定し、ますます海外の方から日本が注目され、さらに、観光で日本に来る方も増えていくかと思います。そんな方々を日本の民族衣装である着物でお出迎え、おもてなしをしていきたいと考えています。さらに、インターネットは世界に広がっています。「着物レンタル365」ひいては「たちばな」を通じ世界に着物の文化を発信していきます。また、日本国内でも、フォトスタジオや美容院さんにご協力いただき、着物を気軽に着られる様、努力していきます。そして「着物を着る機会を増やしたい」というたちばなの願いを形にしていきます。たちばなは今後も、お客様と共に歩み、顧客支持率で日本一の呉服屋を目指します。

松本亮治一
株式会社たちばな 代表取締役社長


 1998年、株式会社たちばな入社、2009年代表取締役社長に就任。経営理念を一新し、5つの日本一のビジョンを掲げ、顧客支持率で『日本一の呉服屋』を目指している。2013年7月、営業時代の現場での経験、想いを活かし、『着物365』ブランドを立ち上げ、ネットでのレンタルサイト『着物レンタル365』、お手入れのサイト『着物お手入れ365』をオープンさせる。SBCラジオでラジオパーソナリティーもつとめ、多くの方に着物文化を発信し続けている。


株式会社たちばな
〒380-8503 長野県長野市鶴賀緑町2214
TEL: 026-238-0242 FAX: 026-238-4466
オフィシャルサイト URL http://www.tachibana-group.co.jp/